4月の注目レース

第155回
天皇賞(春)

この日!舞台が歓喜に染まる



おすすめ競馬予想サイト

いろいろ比較

サイト内検索

競馬・予想について

競馬について知りたい項目をお選び下さい

馬券の購入と種類 l マークカードの種類 l 馬券の簡単な買い方 l 競馬場で出来る事

馬券の簡単な買い方について

フォーメーション買いやボックス買い等、馬券の買い方を何度かきいか言があると思いますが、どのような買い方なのかをここでは説明します。

【ながす、ながし買い】
この方法は軸を決めて何点か合わせて馬券を買う方法です。
例として10頭の競走馬が出走するレースがあるとします。
それぞれに馬番があり、1~10となります。そこで、まずは何番の競走馬が1着になるのかを決めます。
ここで、3番の競走馬が強そうなのでこの競走馬を1着になると予想します。
馬連などで購入する場合は2着馬も的中させないといけません。
そこで2着になりそうな競走馬が3頭いたとします。2番と5番と8番が2着になりそうだと決めた場合、購入馬券は3-2、3-5、3-8の3パターン購入することになります。
この買い方は3番を1着と決めた軸があり、2着馬の予想は3つあります。
このような馬券の購入の仕方をながしで購入していることになります。
1着は3番が勝つと思うが、2着にくる競走馬がわからないので、その他の競走馬全てを購入する方法を総ながしと言います。
この時の購入馬券は、3-1、3-2、3-4、3-5、3-6、3-7、3-8、3-9、3-10の9パターンになります。
そう流しの場合はレースに出走する競走馬が多ければ多いほど馬券の購入点数が多くなることになります。

【ボックス買い】
これは出走馬を3頭以上選び全ての組み合わせ馬券を購入する方法です。
馬連で例えると、2番と5番と8番の競走馬が強そうなのでその3頭から全て買いたい場合は、通常なら、2-5、2-8、5-2、5-8、8-2、8-5と6通りの馬券を買うことになります。
この時にマークシートに1つずつ記入していくのは手間になります。
そこで簡単に購入する方法としてボックス買いという購入方法があります。
赤のマークシートを使い、2番と5番と8番を塗りつぶし、馬連の項目にチェックを入れると先ほどの6通り全て購入することになります。
このように軸を決めることが出来ず、勝ちそうな競走馬が数頭いる場合はこのような買い方をする方法があります。
もちろん、勝ちそうな競走馬が増えれば増えるほど馬券の購入点数が増えていきますので、その分馬券購入費用が多くかかってしまいます。

【フォーメーション買い】
この購入方法は3連単で購入を考えている方が利用します。1着~3着までを順番通りに予想する買い方です。
例として、1着になりそうな競走馬が1番と5番とすると2着になりそうな競走馬も1番と5番は含まれますよね。そして、3着に8番と9番と10番になりそうだなと思った時にこのフォーメーション買いで馬券を購入します。
通常で購入すると購入馬券は1-5-8、1-5-9、1-5-10、5-1-8、5-1-9、5-1-10の6通りになります。
これを1枚のマークシートで簡単に購入できます。
赤のマークシートを使い、フォーメーション購入ページに1着、2着、3着と書かれた枠内に1~18の数字が書かれています。
今回の買い方ですと、1着の枠内に1と5を塗りつぶし、2着の枠内にも1と5を塗りつぶします。そして3着の枠内に8と9と10を塗りつぶします。
これで通常ですと6パターンある馬券を購入していることになります。
全て同様といえるのですが、購入する競走馬を増やせば馬券購入点数が増え、馬券購入費用が多くなります。